読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全司法本部活動日記 (Blog)

全司法労働組合のブログへようこそ!

全司法大運動、請願採択!

いろいろあった第189回通常国会も9月27日が会期末。この国会は、1月26日招集で、当初の6月25日から95日間会期が延長され、245日間の会期でした。労働組合の運動にとっては、次に向けた課題が見えた国会だと思います。

明日から土日に入るということで、今日が実質的な最終日。本部にうれしい連絡が入りました。

私たちがとりくんできた全司法大運動、「裁判所の人的・物的充実に関する請願」が衆・参両議院で採択されたという連絡を紹介議員からいただきました。国会での請願採択は19回目となります。

最終署名数は3万5683筆で、自民、公明、民主、共産の各政党から衆議院で29名、参議院で16名(合計45名)の国会議員に紹介議員になっていただきました。

国会法81条は、1項で「各議院において採択した請願で、内閣において措置するを適当と認めたものは、これを内閣に送付する」とし、2項で「内閣は、前項の請願の処理の経過を毎年議院に報告しなければならない。」としています。国会で採択される請願は少なく、私たちの請願が採択されたことは、裁判所の人的・物的整備や予算の拡充に大きな力を発揮すると思います。

このとりくみは、毎年の予算と裁判所職員定員法の改定に向けてやっているとりくみなので、この秋からまた、次年度に向けたとりくみが再び始まります。引き続きがんばっていきたいと思います。

請願の状況は衆・参各院のホームページで確認できます(これを書き込んでいる時点では、まだ結果は反映されていませんでした)。

衆議院 第189回国会 1654 裁判所の人的・物的充実に関する請願

参議院 裁判所の人的・物的充実に関する請願:請願の要旨:参議院

(中矢)