読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全司法本部活動日記 (Blog)

全司法労働組合のブログへようこそ!

裁判所に採用されたみなさんへ

新しく裁判所に採用されたみなさん、私たち全司法は裁判所職員で作る労働組合です。
私たちはみなさんを心から歓迎します。

さて、職業を持つということは、使用者と労働契約を結んで、そこで決まった労働条件のもとで働くということです。そして、労働条件は常に変わっていきますから、使用者が一方的に決めた労働条件を押しつけられるのではなく、働く者の権利を守り、その意見をきちんと反映する仕組みが必要です。それが労働組合の役割であり、これは民間の職場でも公務の職場でも変わりません。
また、全司法は、自らの労働条件のことだけではなく、「国民のための裁判所」を作ることを目的に活動しています。現場で働く職員の視点から、裁判所が国民のためになる仕事をするには何が必要かを考え、発信していきたいと思っています。
裁判所の職員を代表して意見を述べ、要求し、その実現のために活動する組織、それが私たち全司法です。

民間大企業の労働組合は強制加入になっているところが多いのですが、公務員の労働組合は、本人の加入する意思が示されて初めて組合員となります。
しかし、それはけっして「任意だから、入っても入らなくてもいい」ということではありません。
裁判所は非常に働きやすい職場だと言われていますが、それは、全司法が長年にわたって職員の意見を反映してきた結果です。そして、それは他でもない全司法に加入している全国の組合員が作ってきたものなのです。
ぜひ、みなさんも裁判所に採用され、職員になったのと同時に全司法に加入してください。

さて、これから、みなさんは裁判所の職場で働いていくわけですが、そのために最も必要なものは何だと思いますか?

様々な答えがありうると思いますが、私は「仲間」だと思います。
一緒に仕事をする仲間、指導や助言をしてくれる仲間、職場で楽しく働くための仲間…、私たちは一人で仕事をするわけではありませんから、仲間は非常に大切です。
同期のつながりや、職場でのつながりなど、みなさんにはこれから様々な仲間ができることだと思いますが、全司法に入って、そこで仲間を見つけていただきたいと思います。
年齢も、担当している仕事も、働いている場所も多様な仲間ができることで、あなたの裁判所での生活はよりいっそう豊かなものになると思いますし、何よりも、全司法で知り合った仲間は、あなたが本当に困った時に必ず助けてくれるはずです。そんな仲間がいることは、これから長く仕事を続けるうえで、何よりも心強いものになると思います。
みなさんの加入を、心からお待ちしています。

 

全司法労働組合  中央執行委員長 中矢正晴f:id:zenshiho_blog:20150428135312j:plain