読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全司法本部活動日記 (Blog)

全司法労働組合のブログへようこそ!

2016年度の中央執行委員(本部常任)です。よろしくお願いします。

7月の大会で選出された本部メンバーが着任してから約2週間、本格的に動き始めました。昨日(9月7日)は第3回の中央執行委員会を開催して、秋季年末闘争にむけた議論をすすめています。
それでは、恒例の年度初めのメンバー紹介です。7月の定期大会で出身地連が紹介文に書いてくれた言葉とともに紹介します(写真の並び順に左から)。

書記次長 田中年也 書記次長1期目(東京地裁
「東京地連専従書記長をはじめ、長く活動を行って築き上げた広い交友範囲と鋭い洞察。長年、共済組合の運審委員を務めあげた深い知識と見識。そして優しい人柄と相まって、まさに天は二物を与えたと思える人物です。確固とした意思と柔軟な対応を兼ね備えた好人物は、なかなか見つけることはできません」

副委員長 阿部賢太郎 中央執行副委員長1期目・前書記長(大分支部)
「大分支部から本部執行委員として選出され、はや4年、その前は九州地連の専従書記長として2年間選出されていましたので、専従休職としてのラストになります。このラストの1年、燃える想いで、本部副委員長の職務をこなされるでしょう。これまで全国のみなさんが見てこられた姿から、疑う余地のないところです」

委員長 中矢正晴 中央執行委員長2期目(大阪支部)
「中矢さんについては、もはや何も言う必要はないでしょう。次世代に全司法のバトンを渡せるのは、「ミスター全司法」しかありえません」

書記長 長岡文生 書記長1期目(大分支部)
「2002年から2年間、本部中央執行委員(青年協議長)として活躍されたことを筆頭に様々な職務を歴任された後、書記長の重責に立ち向かう決意をされ、邁進される姿は多くの組合員の見本といえるものです。経験、人格、共に優れた長岡さんは、本部書記長の重責を担うにふさわしい素晴らしい人材です」

青年協議長 古田愛実 中央執行委員1期目(長野支部)
「2010年の採用です。本部の専従役員として立候補することは大きな決断で、全司法という組織への信頼がないとできないものです。彼女は、青年協常任委員として全国の青年たちと話をする中で全司法への信頼を培ってきたのでしょう。これからは、本部専従・青年協議長として、全司法の活動を支えていくことになります」

いただいた過分な言葉に負けないよう奮闘していきます。 全国の仲間のみなさん、よろしくお願いします!

f:id:zenshiho_blog:20060904002515j:plain